2019-12-07-Sat

注意点を把握してミスマッチを防ぎましょう!

看護師が小児科での勤務を希望して就職や転職をするときには求人を徹底して比較し、注意すべきポイントをくまなく見て決めるのが大切です。
求人を比較するときには、給与が高いか、ボーナスが出るかなどといった収入面や、勤務時間や残業や夜勤などといった勤務条件面を重視する人が多いでしょう。
また、各種手当や施設利用などに関する福利厚生も加味している人も多いでしょう。
このような点に納得した上で応募するのは必須ではあるものの、小児科の場合にはもう一つ気を付けておかなければならない点があります。

小児科は他の診療科と違い、かなり広い範囲の疾患をカバーしているのが特徴です。
一般内科での経験があっても十分ではなく、呼吸器内科や消化器内科などで必要とされる知識が求められることもあります。
小児に特化した疾患に関して知識や看護経験が必要とされている場合も珍しくはありません。
求人情報に記載されている内容から、どんな看護師が求められているのかを読み解くことが重要です。
どんな看護師が求められているのかを読み解くには、複数の求人を比較してみるのが効果的でしょう。

求人によって、求められている経験の記載内容も異なっているのが一般的です。
その要件から、どのような役割を担う看護師が必要とされているのかを推察できます。
自分の能力や経験と照らし合わせてみて即戦力になれると判断できたら、応募を前向きに検討しましょう。
ミスマッチを起こしてしまうと採用されても大変なので、慎重に求人を見てみることが大切です。