2019-12-07-Sat

注意点を把握してミスマッチを防ぎましょう!

小児科で看護師の求人を探している人の中には、小児科病棟での仕事と小児科クリニックでの仕事との間で迷っている人もいるでしょう。
どちらも子どもたちと向き合って働くことに変わりませんが、仕事内容や勤務体系には大きな違いがあります。

小児科病棟では闘病中の子どもが相手となり、うまく自分の気持ちや症状を伝えられないことも多いため、高い観察力やコミュニケーション能力が求められます。
小児科クリニックでの仕事の特徴としては、予防接種や健診が多いことが挙げられます。
特に、予防接種は複数の種類を一度に接種することも多く、摂取時期があっているかなどの確認事項も多いため、確実で手際の良い仕事が求められます。
もちろん、どちらも小児科では大人が相手の診療科と比べると非常に幅広い症例を看るため、たくさんの知識を身に付けて経験を積むことができます。

小児科病棟と小児科クリニックとでは、勤務体系にも大きな違いがあります。
小児科病棟で働く場合は24時間体制となるため、日勤の他に夜勤も出てきます。
そのため、夜勤手当が付いて収入アップにもつなげやすいという点があります。
反対に、小児科クリニックで働く場合、クリニックにもよりますが、18時ごろに閉まり、日曜・祝日は休みというところが多いため、生活リズムが安定しやすくなるでしょう。
求人を探している場合は、自分の求めている仕事内容と勤務体系をしっかり見極めていくことが大切です。

☆小児科の求人を探す際に役立つ情報はこちらにも→やりがい盛りだくさん!小児科のお仕事